将来の教育資金

学資保険とは?

学資保険とは、子供のために将来必要になってくる教育資金を計画的に貯めるために利用する貯蓄性のある保険です。
例えば、中学・高校・大学への進学時など、まとまった資金が必要になってくるタイミングで、それまで払い込んできた保険料に従って教育資金として受け取ることが可能です。
また当然学資保険も年末調整で保険料控除できます。

子供の教育費にかかる費用は、大学まで全て公立だったとしても1000万円と言われています。
私立の学校に行かせるとなると当然もっとたくさんの費用が必要になってきますし、習い事や塾などに通わせるようになると更に必要になってきます。
こうした大きな費用をいっぺんに用意するということはなかなか難しいものです。

そこで、子供がなるべく小さなうちからコツコツと貯蓄していこうというのが学資保険の目的です。

しかし、ただ貯蓄をするだけならば、銀行預金などを利用して自分で行うこともできます。
しかし、預金の場合には比較的簡単に引き出せてしまうというのがデメリットとしてあげられます。
必ず貯めなければいけないお金はちょっとやそっとのことでは手をつけられない状態で確実に確保しておくことが大切なのです。

また、預金の場合には両親に万一のことがあった場合には、それまでの期間に貯められた分しか蓄えがありませんよね。
学資保険の場合にはもしもの時にも備えることができるのです。

学資保険はほとんどの場合、契約者が死亡など万一のことが起きた場合には、保険料の払い込みをそれ以降する必要がなくなります。
だからといって教育資金が貯められないというわけではなく、もしもそういう事態になったとしてもきちんと教育資金を将来的に受け取ることが可能です。

また、保険が充実しているタイプのものの場合には、更にあしなが奨学金を受け取れるようにしてくれるタイプのものもありますので、学資保険に加入していればもしものことがあっても子供が自分の進路を経済的な理由で諦めることがない状況を作ってあげられるのです。

有名なアフラック、ソニー生命、日本生命、明治安田生命の学資保険を比較して最適な保険を見つけましょう。